Pain

中絶手術の痛みについて

【中絶手術が痛かったと言われる理由】痛みを最小限にするために

【中絶手術が痛かったと言われる理由】痛みを最小限にするために

中絶手術を受けようと決めたけど、痛みが不安……という方も多いのではないでしょうか?

中絶すること自体が不安なのに痛みも心配となると、安心して手術を受けることが難しくなってしまいます。では、中絶手術の痛みは、どれほどのものなのでしょうか?

そこでここでは、中絶手術の痛みについてくわしくご説明します。

ページの監修医師

東京都豊島区の池袋駅前婦人科クリニック加村和雄院長

池袋駅前婦人科クリニック 
加村和雄(かむらかずお)院長

1998年埼玉医科大学医学部卒業。病院やクリニックにて、日本産科婦人科学会専門医として研鑽を重ね、池袋駅前婦人科クリニックを開院。

中絶手術が痛かった理由!

前処置について知りたい

中絶手術でどんなときに痛みを伴うのかというと、主に前処置といわれる手術前の処置のときです。この術前処置は、手術前日に行われることが多く、子宮頸管を開くために行われます。

子宮頸管を拡張させるために、医療用素材であるラミナリアやダイラパンS、ラミセルなどを用いるのです。これらの医療用素材を子宮頸管に挿入し、体内に存在する水分で膨張させることで子宮頸管を押し広げます。こうして、子宮頸管を拡張させておくことで頸管を熟化(柔らかく)させて、手術に用いる機器を子宮内に挿入しやすくするというわけです。

この一連の処置を行い、子宮頸管を拡張させるときの痛みが、「中絶手術の痛み」の正体といえるでしょう。

池袋駅前婦人科クリニックでも行うの?

池袋駅前婦人科クリニックでは、この前日に行う術前処置を行っておりません。前日に行う術前処置は痛みが強く、患者様のご負担になると考えているからです。子宮口を開き・子宮頸管を拡張させる前処置は、静脈麻酔で痛みを感じなくなる、眠っている間に行っておりますので、中絶手術に差し支えることはありません。ご安心ください。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00
※最終受付 18:30

中絶の痛みを最小限にするための当院の取り組み

患者様が不安に感じる中絶手術に伴う痛みをできる限り緩和させるため、池袋駅前婦人科クリニックでは、「無痛中絶手術」に向けた取り組みを行っています。ここからは、その取り組みについて細かく見ていきましょう。

ご自身のニーズに合わせて選べる手術方法

池袋駅前婦人科クリニックの初期中絶手術は、「ソウハ法」と「吸引法」、「吸引法」、「吸引法のMVA」の中からご希望に合わせて、手術方法が選べます。特に吸引法は、WHO(世界保健機関)でも推奨されている安全な中絶手術の手法です。さらに、吸引法の中でもよりお身体への負担や痛みが軽減できる、MVA(手動吸引法)にも対応しています。当院は手術方法という面でも、痛みの軽減・安全性をとても重要視しております。

中絶手術の方法についてくわしく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

初期中絶手術に最適な静脈麻酔を採用

池袋駅前婦人科クリニックで中絶手術を行うときは、静脈麻酔という麻酔法を採用しております。静脈麻酔は、静脈に対し点滴によって薬剤を注入して行う麻酔法です。しかし、意識を無くして手術を行う全身麻酔とは異なります。全身麻酔は麻酔下では自発呼吸ができず、さらに回復まで時間がかかり、入院の必要がありますが、静脈麻酔は入院の必要性がありません。静脈麻酔は切開を伴う痛みが激しい手術には向いていませんが、中絶手術には非常に有効とされている方法です。

静脈麻酔は鎮痛剤を同時に使用することで、痛みを軽減する鎮痛効果とともに、患者様を眠っている状態にします。手術が眠っているうちに終わり、痛みを感じないようにしているので、患者様は目覚めたら手術が終わっているような感覚です。痛みが不安な患者様も、安心して手術が受けられますね。

麻酔テープで徹底的に痛みを抑える

手術中の痛みだけでなく、あらゆる痛みを緩和させることを目標にしている池袋駅前婦人科クリニックでは、点滴の針を刺すときの痛みにも対応しています。針を刺入する部位に麻酔テープを貼り、痛みを緩和することが可能です。

チクッとする針刺入時の痛みを不安に感じる患者様や、痛みが心配で手術が怖いと感じている患者様は、お気軽にお申し出ください。(麻酔テープは別途費用を頂戴しております)

MVAという手術方法の選択肢

中絶による不妊リスクを回避するには

池袋駅前婦人科クリニックでは手術方法を選べることをご紹介しましたが、その中でも、吸引法にはEVA(自動吸引法)とMVA(手動吸引法)があります。このうちのMVAは、よりお身体への負担が少なく、痛みが緩和できる方法です。さらにMVAは、ディスポーザブル(使い捨て)の医療器具であるため、感染リスクが軽減されることでも知られています。もちろん、EVAとMVAどちらでも選択することが可能になっているので、迷われている方や、検討されている方はお気軽に医師・またはスタッフまでお申し付けください。

EVAとMVAの特徴・メリットなどは、下記のページでくわしく解説しております。ぜひ合わせて、ご参照ください。

中絶手術後の痛みはある?いつまで?

中絶手術のときだけでなく、術後の痛みも気になりますよね。中絶手術後は、目覚めてすぐに痛みを感じることはあまりないとされています。それは、点滴の中に鎮痛剤(痛み止め)が入っているからです。

しかし、それも必要最低限のものですので、覚醒後しばらくすると生理痛のような腹痛が起こることがあります。この痛みは手術後、数日から1週間ほど続く可能性も否定できません。なぜ、痛みが起こるのかというと、子宮が妊娠前の元の大きさに戻ろうと収縮するからです。これは子宮が回復するための、大事なプロセスとなっています。もし、手術後の痛みが気になるようでしたら、処方する痛み止めを内服してください。また、痛みがあるときは、なるべく無理はせず、お身体を安静に保つようにしてくださいね。

お身体への負担をできるだけ少なく!

痛みを我慢することは、人間の身体にとって大きなストレスとなります。中絶手術だけでもお身体にとっては大きな負担となるので、その他のストレスはできるだけ抑えたいものです。「無痛中絶手術」を目指し、当院ではさまざまな取り組みを行っていることをご説明してきました。痛みが怖い・不安を感じるという方も安心して手術が受けられるよう、尽力しておりますので、ぜひ当院にご相談ください。

中絶手術の痛みに関する
よくあるご質問

中絶手術の痛みが怖くて、なかなか決断できません。大丈夫でしょうか?
A.はい、大丈夫です。痛みが怖くて、中絶手術の決断が難しいと思われている方も、安心して手術が受けられるよう、池袋駅前婦人科クリニックではさまざまな取り組みを行っております。痛みにご不安がある方も、一度当院にご相談ください。
中絶は麻酔をすれば痛くないのですか?
A.痛みの感じ方には個人差があるため、ハッキリと断定はできませんが、麻酔で眠っている状態で痛みを感じることはほとんどありません。静脈麻酔でお眠りいただいているときに、さらに鎮痛剤で痛みを抑えるようにしているからです。この静脈麻酔は切開を伴うような強い痛みがある手術には不向きですが、中絶手術には非常に有効な麻酔法として知られています。目覚めたときには手術は終わっているので、ご安心ください。手術のことや麻酔のことなど、ご不安がある場合もご遠慮なく、池袋駅前婦人科クリニックにご相談ください。
中絶は術前処置(ラミナリア)が痛いと聞きました。やらないで済む方法はありますか?
A.はい。池袋駅前婦人科クリニックで行う初期妊娠中絶は、前日から行う術前処置(ラミナリア)は必要ありません。患者様の妊娠週数が初期中絶手術に適応している12週未満(11週6日まで)の場合は、当院でご対応可能です。そのためにも、妊娠検査薬で陽性反応が出たらなるべく早く、当院にご相談ください。出産か中絶か迷われている方も妊娠週数確認のため、お早めに受診なさることをおすすめいたします。

News

お知らせ

  • 2021/07/01