period

.中絶後の出血と生理

【中絶後の出血と生理】
量は?いつから?こない?疑問を解消!

【中絶後の出血と生理】量は?いつから?こない?疑問を解消!

中絶手術が終わり、ホッと一息つく方も多いのではないでしょうか?その後心配になるのは、術後の経過かもしれません。

「出血があるけど大丈夫?」「術後の出血はどのくらいが正常なのだろう?」と、不安に思われる方も少なくないでしょう。そして、手術の後の生理がいつくるのか?というのも気になるところです。

ここでは、そんな中絶手術後の出血について、出血量や期間を含めた経過を解説するとともに、手術後の生理についてもくわしくご説明していきます。

ページの監修医師

東京都豊島区の池袋駅前婦人科クリニック加村和雄院長

池袋駅前婦人科クリニック 
加村和雄(かむらかずお)院長

1998年埼玉医科大学医学部卒業。病院やクリニックにて、日本産科婦人科学会専門医として研鑽を重ね、池袋駅前婦人科クリニックを開院。

中絶後の出血は心配いらない?原因と経過について

手術の後は、少なからず出血があるだろうと思っていても、いざ血液を見ると不安になるものです。出血量が多いと心配になってしまいますよね。不安を解消するためにも、術後の出血の原因と経過をみていきましょう。

中絶手術後に出血が起こる原因とは?

中絶後の出血の原因は、主に分娩後の悪露(おろ)と同様のものです。また、熟練医師が優しく丁寧に手術を行ったとしても手術操作によって、どうしても子宮内の毛細血管から出血が起こってしまいます。この悪露と子宮内で出た血液が排出されると、術後の出血となって現れるのです。中絶手術後に出血があることは、ごく一般的なことで、決して異常ではないので、ご安心ください。

中絶後の出血量と経過

中絶後の出血量には個人差があり、一概に言うことはできません。おりもの程度の方から、生理の出血と同等の方までさまざまです。血の塊状のものが出ることもあります。術後すぐは量が多めかもしれませんが、だいたい数日くらいで、それも落ち着いていくでしょう。おりもの程度の少量の出血がダラダラと続き、術後初めての生理を迎える方もいます。

このように、術後の出血と経過は人によると言えますが、あまりにも大量の出血や激しい痛みを伴ったり、発熱を伴ったりする出血の場合には、早急に医療機関を受診してください。

診察のご予約はこちら

診療時間 10:00~19:00
※最終受付 18:30

中絶後の生理はどうなるの?

中絶手術を受けた後の生理がいつくるのか、不安に思う方は多いです。身体が正常に回復しているのか、次に妊娠できるのかなど、さまざまなことが頭を過るかもしれません。

では、中絶後の生理についてくわしく解説します。

中絶後の生理量が不安な方へ

中絶手術後の生理量は多くなるのだろうか?と思う方も多いかもしれません。中絶手術後の生理は、いつもと異なる状態になることがあるのを知っておきましょう。経血量が多かったり、少なかったり、生理期間が長かったり、短かったりするかもしれません。しかし、過度なご心配はいりません。個人差はありますが、中絶後は生理が不安定になるものです。

中絶後に「生理がこない…!?」と思ったら

中絶手術後に生理が来ない原因として考えられるのは、ストレスによる生理不順や子宮内容物の遺残などです。中絶手術はご自身が考えている以上に身体的・精神的に負担がかかるもの。それらがストレスとなって生理不順を起こしたとしても、決して不思議ではありません。中絶後2ヵ月経っても生理がこない場合は、池袋駅前婦人科クリニックや婦人科のある病院を受診してください。

また、万が一、再び妊娠した可能性も否定できません。中絶手術後すぐは、比較的妊娠しやすい状態になっているものです。術後検診後、性行為が可能になったら必ず避妊をしてください。再度手術とならないためにも、必ずお守りいただくようお願いいたします。

中絶手術の後は、お身体の状態が不安定になることが多いです。心配なこと、不安なことがある場合は、お気軽にご相談ください。

中絶後の性行為や避妊については、こちらのページにくわしく説明しています。ぜひあわせてご参照ください。

中絶後の生活で注意したいこと

中絶後の生活で注意したいこと

手術後すぐは、安静に過ごしましょう。決して無理はせず、お身体を休めてください。手術当日のシャワー浴は可能ですが、入浴は術後の検診が終わって異常がなければ可能になります。温泉やスーパー銭湯などは、1ヵ月程度は避けるようにしましょう。また、性行為については、術後の検診結果次第で可能です。性行為の際は、必ずコンドームを装着するようにしてくださいね。中絶手術後は、感染症に弱くなっている時期です。また、続けて妊娠してしまうことを避けるためにも、避妊は重要なのです。

神経質になりすぎないことも大切

中絶手術後は、どうしても神経質になってしまうものです。心も身体も疲れているのですから、仕方がありません。しかし、神経質になりすぎてしまうと、それがストレスとなり、心身の回復を遅らせてしまうことになってしまいます。ですから、できるだけリラックスを心がけ、心身ともに休めてあげてはいかがでしょうか?出血した、お腹が痛い、生理はいつだろうなど、あまり一喜一憂することなく、心穏やかにお過ごしください。

中絶後の出血と生理に関する
よくあるご質問

中絶後に出血(鮮血)が止まらないときは、すぐ受診した方がいいですか?
A.ケースバイケースといえるでしょう。鮮血が止まらない場合でも、出血が少量で痛みを伴っていない場合には、様子を見ても大丈夫なことが多くなっています。しかし、出血量も多く痛みがある場合は、早く受診した方がいいケースもあります。
中絶後3日目にレバーのような血の塊が出ました。病気ですか?
A.いいえ。中絶手術後は、分娩の後の悪露(おろ)のようなもので、血の塊が子宮の外に排出されることが多くなっています。このとき、一緒に出血があることもよくあるケースです。過度な心配はいりません。もし、不安だったり、心配があったりする場合は、ご遠慮することなく池袋駅前婦人科クリニックにご相談ください。また、術後1週間の検診でも超音波検査でくわしく拝見いたしますので、ご安心ください。
中絶後の出血が長引く原因には、どんなことがありますか?
A.出血が長引く原因は、子宮の収縮があまりよくなかったり、妊娠週数が進んでいた場合に起こりやすかったりします。そのため、手術の際にお渡しする処方薬(子宮収縮剤)は、きちんと内服するようにしてください。あまりにも長引くときや不安が強い場合には、我慢することなく、池袋駅前婦人科クリニックにご相談ください。

News

お知らせ

  • 2021/07/01